いいひおひとり

とあるひとりぐらしのきろく

ひとり暮らしスタート(引っ越し編2:アレが届かない)

どうにかこうにかヤマ●電機で家電の買い物を一通り済ませ、配送の手配をしようとした時に問題は起きました。自分の希望は引っ越し代節約のため、実家届け→引っ越し先のマンションよりは引っ越し先への直送を希望してたのですが、


ワタシ「●月×日に届けて貰う事できますか?」


店員さん「申し訳ありません...配送の日時指定は出来ないんです。こちらから最短のご希望日を選んでいただけますでしょうか?」


そう!家電の配送って通常の宅急便と違って最短ルート+運送費節約のため運送業者主体で、自分から好きな日時指定が出来ないって言う…
3●歳にして初めて知りました。なんだとぉぉ~~?!と(◎_◎;)思いつつも、背に腹は代えられないので引っ越し当日から一番近い休日を指定。


なんだかんだありつつも、いよいよ迎えた引っ越し当日。貫徹ギリギリで荷造りを終えた品物を実家へ残し、母上に引っ越し業者への対応をお願いしてから、ワタシは朝イチで引っ越し先のマンションへ向かって空っぽの部屋で待機してました。
あ、引っ越しマニュアルを参照に内覧のついでにご近所へ(上下部屋+隣部屋)へ一応ご挨拶しようと、品物持参(食器洗剤)してインターフォンをピンポン♪したのですが、タイミングが会わなかったのか、誰一人お会いする事なく当日を迎えた(;´∀`)まぁ、正直顔合わせなくて済んでホッしたのは事実です←
“隣は何をする人ぞ”って言うけど、今ニュース見てたら何あるか分からないし(-_-;)


予定時間通りに引っ越し先へ業者さんが到着。あっと言う間に荷物を運び終わって拍子抜けするくらいの短時間で引っ越し作業は完了。段ボールだらけの生活感のない部屋で実感がないまま、ひとり暮らしがスタート。初めて眠る部屋でしたが、前日の寝不足と引っ越し疲れにグッタリで、その夜は泥のように眠りました..zzz。


で、前述の家電配送の件ですが…引っ越ししたのは6月下旬。家電配送日は約5日程後の7月頭だったんです。


つまり!!
冷蔵庫が届くまでは食材も飲み物も冷保存出来ない。ってこと( ゚д゚)ちーん☆


うわぁぁ;;順調に買えたのにこんな事になろうとは!!
そんな訳で冷蔵庫が届くま出の間は、仕事帰りにスーパーで食べきれる&飲み切れる物を買ってやり過ごす日々…まだ荷解きも出来ない段ボールだらけの部屋で、カップラーメンやお惣菜を食べる何とも言えない侘しさったら;;ごはんはまぁエェとして、飲み物が温い状態でしか飲めないのは不便だなぁ~と思いました。


そして冷蔵庫配送の当日。折しもこの日は朝からかなり暑くて…(*_*)午前中に無事届き、設置+電源入れて貰った時の嬉しさと言ったらもう!!


あぁぁ!!これでやっと冷たい物飲める&食材保存できるぅぅぅ!!(ノД`)・゜・。


思わず冷蔵庫に土下座したい気分でした。
その他の家電も無事到着し、いよいよ順調なひとり暮らしがスタートするかと思ってたのですが、生活リズムを掴むまではなかなかに前途多難な事が待ち受けていたのでした…


次回!!「ひとり暮らし開始~受難編」へ続きます。