いいひおひとり

とあるひとりぐらしのきろく

痩せたいと言う人ほど食べる法則

こんばんは(=゚ω゚)ノ
昨日は暑かったのに、今朝は肌寒い感じだったりでいつ衣替えをすれば;と悩んでいるワタシです。


タイトルの件、職場のヒステリック女性上司とのお昼休憩で度々ダイエットについて話題になるのですが、


「糖質制限しないといけないと思うけど、ごはんが美味しいからつい食べてしまう」


とか


「やっぱり疲れた時には甘いものが欲しくなってつい食べてしまう」


とか言うのを聞いてて思うのは、それ全部食べ物のせいで一切自分のせいじゃないんすかwwっていう。


人間の味覚に合わせて作ったジャンクでハイカロリーな物が美味しいのは当然な訳で…それを食べるか食べないかは自分の意思ちゃうのん??( ゚д゚)て言う。


ワタシも勿論そういう物を食べたくなる時はあるけど、食べたい時は
「リスク犯しても食べたいんじゃ~!(≧◇≦)翌日から節制するし!」って覚悟しつつ食べる。も●あずみたいな痩せの大食いではないので、自分で管理するしかない訳で。
個人的に一番イラっとするのが「言ってる事とやってる事が真逆」な事で、時々暴食した時は自分にめっちゃイライラします(笑)。



まぁ、こんな事書いてるけど以前のワタシもめっちゃそのタイプだったんですよね…。
痩せたいな~とかほざきながらファミレスでパスタがっつり、デザートがっつり食べながら太らない人を羨んでた(;・∀・)
ダイエットを始めて、ジャンクな物からはちょっと遠ざかったけど、野菜や肉魚の美味しさに目覚めましたね。今は大好きな納豆も、ダイエット開始してから好きになったし(酵素がいいって一心で食べ始めた)


昔と今の食生活ってよー考えたらホンマに違うんですよね…
肉魚卵をふつーに食べれるのが当たり前やけど、ひと昔前は高級品やった訳で。
3食満足に食べられる事に感謝しなければなぁ~と、ひとり暮らしでしみじみと感じる(笑)